確か、火曜日頃だったか・・・

 川面に、多数のクラゲが泳いでいた。潮の干満で流れてくるには多すぎる数だったので、多分、クラゲ自身の意志において、川の中に泳ぎ入って来たのだろうと思う。
 クラゲの意志がどこら辺にあるのかは、なかなか理解はできないけれど、クラゲには、クラゲなりの「川を遡上したい!」という衝動というものがあるのだろう。

 冬場に越冬していたスズガモは、さすがに姿を消したが、カルガモらしきカモが新たに加わった。ついでに言うと、例の謎の構造物のところに、水曜日、鵜がいた。

 さて、

 本日、金曜日。

 家を出ようとしたら、ポストの陰に素早く回り込む”虫”の姿を見つけた。
 その素早さからして、ゴキブリか? と思ったが、ポストの前に回り込んでみると、それはゴキブリではなかった。